FC2ブログ

中学校の後輩

2021 02 13
去年の夏に自ら命を絶った三浦春馬くんは、中学校の後輩だ。
隣町に住んでいて、ずいぶんと歳は離れているから面識はないが、
同じ学校で学んだということで、親近感というか俳優としての活躍を
期待していた。
まだ20歳だったかの映画「君に届け」では、眩しいくらいの笑顔が
印象に残っている。
「TWO WEEKS]は、2019年に放映されたドラマ。ここでは難病の娘を
助けるために逃亡を続ける前科のある役。苦悩と絶望と微かな希望
を演じる姿に、表現者としての成長を見ることができた。
三浦くんは、笑顔に見ている者が癒されるいい役者だった。
2週間の逃亡に生命をかけるドラマには、「生きる」ことへの執念が
滲み出ていた。
人それぞれの一生は、生きていればこそ乗り越えられるはずなのに、
死ぬ勇気と生きる勇気、どちらが重いのだろう。
見守りつづけてきた先輩として、残念でならない。
ブログに三浦くんのことを残しておきたいと思ったのは、同窓生で書き
残した人は多分いないだろうと考えたからだ。


スポンサーサイト



Comment

管理者のみに表示