FC2ブログ

松谷みよ子さんのこと

2015 03 10
これまでの人生に大きな影響を与えてくれた文学の先輩たちが、ひとりふたり
とこの世から去っていく。心から尊敬できる大先輩はそうはいないが、松谷み
よ子さんはそのひとりだ。
いまから40年も前に、松谷さんの元夫である瀬川坼男さんが主宰する民話と文
学の会に入り、各地の民話採訪に歩いた。そのころ松谷さんは日本民話の会をつ
くり活動を始めた。瀬川さんは早くに亡くなったが、松谷さんとは日本児童文学
者協会の理事としてよくお会いするようになった。
あるときの理事会、そのとき私は大きな仕事をまかされて、とても疲れていた。
休憩時間にテーブルに突っ伏して休んでいたら、後ろからぐいと体を起こされ、
だれかが背中から肩をもみだした。驚いて振り向いたら、松谷さんだった。
「あなた、よくがんばっているから」といいながら、肩もみをつづけている。
すっかり恐縮して手を振ると、「いいから、わたしうまいのよ」そういってくれ
た。
とても力強い手だった。私の仕事をちゃんとみてくれている、それが嬉しかった。
その後はだんだんと表舞台に登場しなくなり、お見かけすることもなくなったが、
いまでもあの手の温かさは、ときどき思い出す。
大きな人をなくした。 合掌




スポンサーサイト



Comment
さみしくなりました・・・
私が大好きだった作家さんや画家さんの訃報を聞くたびに、一つ一つの時代が消え去って行くような気がします。
私の出会いは「龍の子太郎」でした.(私はもちろん子供でしたよ)隣の腕白坊主もこのお話が大好きで 私がいるかどうかこっそりと部屋の戸を開け確かめると 私の横に座ってお話に聞きいっていました。何もかもが懐かしいです。そして寂しいことですね。
本木さんもお体を大切に、ご活躍くださいね。今年もどうぞ、こちらへ出向いてくださいね。

管理者のみに表示
« 3月11日 | ホーム | 読書 »