FC2ブログ

みなまた・環境絵本大賞

2011 07 08
熊本県水俣市が一昨年から「環境絵本大賞」に取り組み、第1回受賞作『ひょっこりじぞう』が西日本新聞社から世に出た。
8月から第2回の募集がはじまるのだが、私はこのプロジェクトのコーディネーターとして関わっている。
水俣市は公害水俣病に苦しんできた町だ。
大きな負の遺産を乗り越えた今「環境モデル都市」として再生の道を歩んでいるのだ。市立図書館は「日本一の読書のまちづくり」を目指した積極的な活動を展開している。
そんな町だからこそ「環境絵本大賞」がふさわしい。
打ち合わせや選考会、授賞式などで、頻繁に水俣を訪ねている。行くたびに町が好きになっていく。
鹿児島との県境にある小さな町なのだが、奥行きが深く豊かな水に恵まれたところだ。
今回からは「市民賞」もつくった。
子どもたちから大人まで、作品に挑戦してもらう。そのために8月にワークショップを実施する。
やがては水俣から作家が生まれる。そんな夢の実現のために、真夏の水俣で奮闘しよう。
スポンサーサイト



Comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: 水俣、長谷川です
v-410
いよいよ今月末が締切りです。頑張ってください。
書こうとするテーマに向かって、話はシンプルにしたほうがいいでしょう。
10枚足らずの作品ですから、盛り込みすぎは失敗のもとです。
読者の目線を大事にしてください。

管理者のみに表示