FC2ブログ

シンポジウムのお知らせ

2012 11 23
2011年3月11日の大震災と原発事故から、すでに1年8か月を経過しました。
この間に何が行われ、何が行われていないのか。取手市と茨城の現実に立って、検証し、
問いかけるシンポウムです。ご一緒にかんがえてみませんか。

福島原発事故から624日 除染は、環境は、被災者支援は
■11月24日(土)午後1時半~4時半
■取手市福祉交流センターホール ■資料代300円

■レポート
取手市の放射能除染の現状と課題 
          小泉眞理子 放射能NO!ネットワーク取手・事務局長
■パネルディスカッション
被災者支援法をどう生かすか 原口弥生 茨城大学人文学部准教授
放射能汚染の進む霞ヶ浦   飯島 博 NPO法人・アサザ基金代表理事
チェルノブイリ事故から学ぶもの―ベラルーシを訪ねて―
                   本木洋子 放射能NO!ネットワーク取手・代表
« Prev | ホーム | Next »