FC2ブログ

70億人の惑星

2011 10 31
今日10月31日に、世界人口は70億人になるといわれていたが、日本時間午前10
時30分で、70億人を5万人突破したという。
出生登録制などない国や地域を含めれば、もっと多いと思う。
国連人口基金東京事務所では、日本ででうまれた赤ちゃんに、「70億人のひとり」と
いう認定証を授けるということだ。フィりピン・マニラの病院では、生まれた女の子に
ケーキを贈ったらしい。
世界中で「70億人のひとり」はどれほどいるのだろう。認定証をもらったり、ケーキを
贈られたり、一見おめでたいことのようだが、そういうものとは縁のない国や地域で
誕生する子どものほうが圧倒的に多いのはまちがいない。
このような現実に「資源争奪など世界が不穏な時代に入る」という指摘もある。
6年前に『いま、地球の子どもたちは』という本をだしたときは、65億人だった。
そのあいだに5億人増えたということは、すさまじい勢いだ。
地球という小さな星で、70億人がひしめきあって生きている。あふれんばかりに人が
集まっている大都市と、人がまばらな街が、アンバランスに存在している。
スポンサーサイト



 | ホーム | Next »