FC2ブログ

夜のパトロール2

2016 03 22
毎夜8時を過ぎてから、家族中でパトロールをしている。
あの騒ぎの後、2階の天井と縁の下に防虫剤をまいた。
これは知り合いの建築屋さんに教えてもらったもので、臭い匂いが嫌い
なのだという。
寝る前には懐中電灯を照らしながら、家の周り、縁の下、庭をチェック。
こっこさん小屋の屋根に伸びた樫の木の枝もはらった。
その効果かどうかわからないが、いまのところ物音がしなくなり平穏。
池は親ガエルはいなくなったが、気持ち悪いくらいに卵でいっぱいだ。

近所に瓢箪工芸家と草木染の夫婦が超してきた。ちょっと離れたところ
には吹きガラス作家が住んでいる。近所にいるフランス人の女性とも知
り合いになった。
桜はまだ開花しないが、来月10日にはマルシェ(卯月祭)を開催する。
その頃まで咲いているといいのだが…。

スポンサーサイト



香り

2014 07 26
金柑
朝、廊下の戸を開けていたらいい香りが…。
目の前にあるキンカンの花が咲いていて、マルハナバチやミツバチが飛びまわって
いたのだ。
花
この冬の寒さと大雪で、キンカンの実は白くなってしまい、ほとんど食べられなかった。
ぎっしりと咲いた花の香りは、猛烈な暑さにくたばった体をやさしく癒してくれている。
ヤマユリも咲き誇っている。真夏の花はたくましい。

沖縄を想う

2014 01 22
沖縄の名護市長選は今年初のビッグニュースだった。
テレビの速報で早々と当選の知らせがでたとき、喜びと同時に応援に行けなかった悔しさが
こみあげてきた。
沖縄にはたくさんの友人がいる。その友人たちの顔が次々に浮かんでいった。
名護市の友人のひとりは、亡くなってからもう10年はたつだろうか。友人はジュゴンの絵本、
わたしはやんばるの森の絵本をを同時に出版した。
いまも生きていたら喜びを分かち合えたのに…。
わたしたちヤマトンチュが沖縄の出来事を対岸の火事と眺めているのは、国に加担している
ことと同じだと思う。
沖縄も水俣も原発事故も根っこは一緒。だから水俣の人に原発の話をすると「水俣と同じ」と
いい、沖縄の人に話をすると「沖縄と同じよ」という。
名護市長選の結果は、国を揺さぶっている。これから国はどうでるのか。
久しぶりに沖縄に行って、友人たちと語り合いたい。

2012 10 24
「原発事故子ども・被災者支援法」学習会のお知らせ
みなさんは、「原発事故子ども・被災者支援法」ってご存知でしょうか?
原発事故の影響から子どもを守る為、今年の6月に成立しました。支援対象地域に指定されると、被災した子ども達の健康調査をはじめとする、様々な行政サービスを受けられることになる、とっても重要な法律ですが、知名度は今ひとつ。具体的な中身や「支援対象地域」については、私たちの意見を踏まえ、政府がこれから決定していくことになっています。この「支援法」について、法テラス茨城の和田恵弁護士と、茨大の原口弥生先生をお招きして、わかりやすく説明していただきます。是非、ご参加ください。

日時:11月4日(日)
講演会13:00~14:00 懇談会14:00~15:00(情報交換など)
◆場所:北守谷公民館 2F多目的ホール(定員100名)
茨城県守谷市板戸井1977-2 Tel 0297-47-0111
◆講師:弁護士 和田恵さん
茨城大学准教授 原口弥生さん(茨城大学有志の会) 
◆参加費:無料 ※駐車台数に限りがありますので、できるだけ乗り合わせでお越しくだ
さい。
【お問合せ先】e-mail:ibaragi.net@gmail.com tel:0297-22-2516(青木)

 主催:放射能から子どもを守る茨城ネット
・放射能NO!ネットワーク取手
・放射能汚染から子どもを守ろう@守谷
・常総市の子ども達を守る
  協賛:常総生協

 11月2日までブログはお休みします。

快進撃

2012 08 04
仕事先から帰って、毎日オリンピックを観ている。
ホテルや旅館では小さなテレビだったから、観ていてもつまらない。
スポーツはやはり大きな画面がいい。
さきほど、男子サッカーがベスト4に決まった。
この代表はオリンピック前の親善試合では、お先真っ暗な状態だったから、多くの人が
予選落ちするかもと。私もそうだった。
なのに、この快進撃ぶりはどうしたのだろう。
どこかで急に進化したのか、階段を5段跳びくらいに駆け上ってしまったようだ。
暑い夜、家族中で応援した。
 | ホーム | Next »