FC2ブログ

贅沢な食材

2021 03 31

昨日の夕方、お隣さんにタケノコをいただいた。
茹でるのはもちろんだが、焼きタケノコを作った。オーブンに入れて
1時間。キッチンに香ばしいタケノコの香りが…。
ポン酢でさっぱりと食べた。掘りたてだから味わえる醍醐味!
IMG-3817_convert_20210331092458.jpg昼間は、庭の草取りを手伝わされながら、
タンポポを収穫。何度も洗って…・
IMG-3818_convert_20210331092524.jpg
佃煮が完成!
ほのかに苦味があって、でも味も食感も最高。
タケノコもタンポポも、今の季節しか味わえない、贅沢な春の食材。
苦手な春が、このときだけは好きになる。

スポンサーサイト



くうま4歳

2021 03 28

2017年3月28日。
くうまが生まれた日。
1歳までははちゃめちゃなヤンキーdogで、カミツキガメみたいに家中
の家具を噛みまくっていた。
その習性もいつしかなくなって、気がついたら気持ちの優しい穏やか
な犬になり、我が家のアイドルに。
小さな子どもも大好きで上手に遊んでくれる。
くうまと付き合うことで人間の心も癒されて、腹を立てることも少なくな
ったような気がする。
心配なのはこれからの季節。黒犬だから暑さに弱い。

いくらなんでも…

2021 03 27
季節が進むのが速すぎる。
お隣さんにいただいた初タケノコで、タケノコごはんを炊いた。
庭の山椒の木を見にいったら、なんとなんといい具合に葉が
出ていて、香りが大好きだからさっそくご飯に。
3月に木の芽を添えたタケノコご飯って、初めてのことだ。
家の周りの桜も満開だし、ウグイスも鳴きだしたし…。
このまま進んでしまったら、季節が前倒しになって夏が早くき
て秋も早く訪れて来るのだろうか。
それとも、いやになるほど長い夏がつづくのだろうか。
日本にある4つの季節のバランスが崩れてしまう?
地球を襲っている気候変動という事態を考えれば、ありうるこ
とだが。
暮らしが追いついていかない。


東日本大震災

2021 03 11
14時26分!
あの日から10年たった時間。
記憶はいつまでも消えない。

朝ごはん

2021 03 05
3月に入って、今日は暖かくなって地中の生き物が顔を出すという啓蟄。
つい最近まで寒さに震えていたのが、気がついたら霜も降りなくなり、
零度以下になる日もなくなっている。
沈丁花も咲きはじめた。
これから10月の声を聞く頃まで、私的には苦手な季節が半年もつづく。
今日から朝ごはんを変えた。

台湾の朝ごはんであるシェントゥジャン。
豆乳に桜海老、ザーツァイ、小ネギ、パクチーを入れて、黒酢やラー油、
胡麻油で味付けをする、具沢山のスープだ。
これだけで栄養はあるし、けっこう満腹感を味わえる。
パクチーは売ってなかったりするから、早く庭で冬越しをしたものが育っ
てほしい。
夏になれば冷たいガスパチョが美味しい。これも楽しみの一つだ。

 | ホーム | Next »